« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

宇宙戦艦ヤマト2199 第一章感想

ボクのミタやまとがココにアル。

何故日曜日の夜7時半から、宇宙戦艦ヤマトを見始めたか、前番組のアニメ終了を惰性だったのか、偶然だったのか、今となっては思い出せない。
けれども、今でもその興奮は忘れていないし忘れるはずも無い。
幼稚園に通っていたボクは、当時の名前も思い出せない友達とはヤマトの話が出来なかった。
何故なら彼らはそのようなTVマンガは見ていなかった。
暗い宇宙での艦隊決戦、圧倒敵な敵を相手に奮闘するも全滅する地球艦隊。
ドウナルノダ?地球は負けるのか?
沈没戦艦が赤茶けた大地から、人類の生存の為の200年の眠りから甦り旅立つ。
縄で縛り付ける艦長、爆沈する敵に敬礼するパイロット、最後の演説をする上官の影で泣く副官、アナライザーの「ワタシはニンゲンだ」
次はどうなるのだろうか?
未知の世界と考え方を知った興奮と恐怖が入り混じった感情が今、38年前と交差した。

スゴイ。

私の見たかったヤマトが今、映像として存在している。

続きを読む "宇宙戦艦ヤマト2199 第一章感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »