« 機材更新 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト】コスモタイガー2製作(2) »

【宇宙戦艦ヤマト】コスモタイガー2製作(1)

06240002民主党と政府からの現実逃避です。

結構奮発して結構かってきました。

ヤマトのメカコレは昔100円でした。今回の再版では200円となっていますが、それでも安いので、揃えることが可能です。

06240001_2

07080001_6まずは、コスモタイガー2を作ります。

なんで「2」なのかは判りませんが、きっと初代コスモタイガーが存在したのでしょうね?

組み立てはサクサクできるので、勢いで作ってしまいます。機首のツノの取り付け位置がなく、結構めんどくさいですが、それ以外は大丈夫です。少々の歪みもそのまま。

イメージとしては、米空軍機。海軍機の色ですが、下塗りでミディアムブルーを吹きます。

・・・・F4F、この色で塗ると、結構格好良いかもしれません。

07140001引き続き、米空軍機の灰色。段々らしくなります。

このひとつ前に機首上部を黒で吹いてからマスキングを行っています。

ミスターカラのGXシリーズは高い隠ぺい力を謳っていますが、まさにそのとおり。使い易いです。

07170001アクセントのオレンジは鉄道模型用の湘南電黄かん色を使っています。

結構、グリーンマックスのカラーが好きなので、こんな所で流用しています。

今日は、ここまで。といっても2週間ほどこれを作っています。更新の時期を逃して一度にアップとなってしまいます。こまめな更新がよいのでしょうが・・・。

日本の民主主義は、権力者の理性と常識によって保たれてきました。行き詰ったら別の人に権力を移譲することで、暴力革命を必要とせずに、民意を取り入れることができましたが、産経新聞の記者ブログからいうアレの存在により、それが全く機能ぜきず、総理をしたいがために総理の権力に固執するアレを排除するには、他国でよく行われている実行処理でしかないのかもしれない。

|

« 機材更新 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト】コスモタイガー2製作(2) »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

コスモタイガー無印については、どこかで独自考察している人がいたような。それによると無印は、ブラックタイガー以前に存在したであろう純地球技術により造られた戦闘機で、しかし対ガミラスにおいてはまるで歯が立たず、イスカンダルよりもたらされた技術の流用によってブラックタイガーが造られたことにより退役したのではなかろうか、と、たしかそんなんだったような気が。もちろん公式設定じゃないけど、それっぽいなとは思う。

それにしてもメカコレは並べてナンボだなあ。いい感じだ。こっちも手をつけなきゃなあ。まずは沖田艦あたりから。……色はなにつかおう。

投稿: 新紅 | 2011年7月18日 (月) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515536/52226236

この記事へのトラックバック一覧です: 【宇宙戦艦ヤマト】コスモタイガー2製作(1):

« 機材更新 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト】コスモタイガー2製作(2) »